ネットワークビジネスにおススメの本

完全在宅で出来るので仕事をしながらでも無理なく活動できる方法

 

 

ネットワークビジネスのような仕事をやっていると、少なからず他社のネットワークビジネスをやっている人との出会いがあります。

 

 

私もいろんな人に出会いました。

 

 

よかったと思える出会いもあれば、合わない人もいて、気分を害したこともありました。

 

 

生きていたら色んな事がありますが…、行動は思考の結果だそうです。

 

 

それを教えてくれた本があります。

 

 

その本も、他社のネットワークビジネスをやっている人に教えて頂きました。

 

 

それは、『「原因」と「結果」の法則』という本です。

 

著者はジェームズ・アレンという19世紀生まれのイギリスの作家。

 

 

生涯で19冊の作品を残し、彼の思想は現在の成功哲学のいたるところに受け継がれています。

 

 

「思考の力」を使うことで、有名になったり富を得たりするという考えは、まさにジェームズ・アレンが元祖だそうです。

 

 

 

しかしながら、彼自身は富をすすんで求めようとせず、自給自足の禁欲的な生活を好んだそうです。

 

 

 

さらに、彼の生前のくわしい情報はほとんど残っておらず、死後1世紀以上たった今でも、ナゾにつつまれた人物らしいです。

 

 

本の内容をざっとまとめてみると、

 

 

行動は思考の結果。

 

 

行動が今いるわたしたちの環境を作っている……つまり、わたしたちが体験する現実を作っているのは、すべて思考だ。

 

 

これが、ジェームズ・アレンがくり返しうったえていることです。

 

 

本書の中では、「思いが人生をつくる」、「思いが自分をつくる」「思いが成果をつくる」「思いで環境をコントロールできる」など、「すべてが思い!!!」と叫ぶがごとく、原因をわたしたち自身のココロに返します。

 

あなたが『原因と結果の法則』を日常生活にいかしたいとお考えならば、うまくいったことはもちろん、思い通りにならないことまで、「一体自分のどんな思いを改めればよりよくなるか? 問題を解決できるか?」と、自問してみると良いでしょう。

 

わたしたちは、「人のせい」をやめて、「自分の人生は自分で責任を取る!」と決めた瞬間に、ほんとうの意味で自由で主体的に行動できるようになるそうです。

 

 

自分は、あまり今まで本を読む時間を作ってこなかったのですが、時にはこの手の自己啓発の本が必要だなと改めて思いました。

 

 

ネットワークビジネスとは、即金性はないのですが、コツコツと積み上げていくことで収入に繋がるビジネスです。

 

 

正直、私もくじけたことが幾度もあり、今日までどうにかこうにか続けてきました。

 

 

でも、この本があると、心がリセットされてまたやる気が出ます。

 

 

何かあったときに読める本が見つかってよかったです。

 

 

完全在宅で出来るので仕事をしながらでも無理なく活動できる方法を大公開!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください