ネットワークビジネスは若い人が有利??

完全在宅で出来るので、仕事をしながらでも無理なく活動できる方法があります!

ビジネス仲間から聞いた話ですが、20代の方がこんなことを言っていたそうです。

 

「ネットワークビジネスを出来るだけ早く本業にしたいと思っています。可能でしょうか?」

 

 

それに対するビジネス仲間の回答ですが。。。

 

 

彼は「十分可能です!」と答えたそうです。

 

実際、ネットワークビジネスをやっている人は基本的には、ネットワークビジネスを始める際は副業をお奨めすると思います。

 

 

理由は色々ありますが、一番の理由は最初の収入が少ない点です。

 

 

まずはじっくりと取組み、組織を拡大してある程度の収入を確保してから本業にする。

 

 

これが一般的なお奨めプランです。

 

 

しかしこのある程度の収入というのが、実はポイントです。

 

 

50代で住宅ローンを抱えている人と、、、20代で親元で生活している人を比較すると、、、当然、損益分岐点が全く異なるわけです。

 

 

20代の方は著しく損益分岐点が低い、つまり早く本業にできるわけです。

 

 

ここはとっても大切なポイントです。

 

 

お若い方は稼ぐ事より遊びたい!というのが本音でしょう。

 

 

よーく分ります。。。私がそうでしたから(笑)

 

 

 

しかし考えてみて下さい、20代で未婚の方は今がチャンスなのです。

 

 

早くに本業にできれば、当然早く成功出来ます。

 

 

若い方はキャリアがない分不利に思われがちですが実は違います。

 

 

 

若い方にはビジネスに使う時間という武器があるのです!

 

 

ここで踏ん張れば、一生経済的自由を手に入れることが可能なのです。

 

 

これって凄いと思いませんか?

 

 

早い時期に経済的自由を獲得するデメリット

 

 

しかし、人生における大きな失敗体験の無い若い時期に経済的自由を獲得すると、どうしても人生を甘く見てしまいます。

 

回りであくせく働く人がバカらしく見えてしまう (^_^;)

 

 

これは頭で理解しようと思っても無理な話で、おそらくは失敗体験をした人でなければ分かりません。

 

 

とかく人間は愚かな生き物だってことですね。

 

 

なのでちょっと矛盾するのですが、私的には若い時期は、色々なことに挑戦してとにかく多くの失敗体験をするべきだと思います。

 

 

失敗しなければ見えないことがある。

 

 

そして人を大きくするのも、成功より失敗です。

 

 

そして失敗体験を繰返した後、成功する!

 

 

これがベストではないかと思います。

 

 

理屈で言えば、早い時期からネットワークビジネスに挑戦すれば、比較的簡単に成功者になれるかもしれません。

 

 

しかし、ネットワークビジネスに限らず色々なビジネスに挑戦してその難しさやデメリットも体験して欲しいですね。

 

 

若いって羨ましいです。

 

 

これから、色々な経験ができます。

 

 

私ももっと早くからネットワークビジネスを知っておくべきだったと思うこともありますが、今の本業は外で働かないと得られないものなので悔いはありません。

 

 

このネットワークビジネスは、本業が忙しいときにもせっせと集客をしてくれるオンラインビジネスなので、私は選んでよかったと思っています。

完全在宅で出来るので、仕事をしながらでも無理なく活動できる方法を大公開!!

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください