に投稿 コメントを残す

ネットワークビジネスで激安ショップに愛する商品を売らない秘訣

インターネットでいろいろと検索していると、MLM(マルチレベルマーケティング)企業の製品がお得に買えるショップを目にします。

 

 

もちろん、大手有名MLM企業(挙げるときりがないですが、アムウェイ、ニュースキン、ハーバライフ、フォーデイズ…etc)の製品ばかりです。

 

 

やはり会員が在庫を抱え、売れなかったり消費出来なかった製品を激安ショップが(激安で)買取り、定価よりもかなりお安く販売しているのでしょう。

 

 

でも、自分が愛用している商品を激安ショップに売るのは悲しくありませんか?

 

 

ただ価格にだけこだわる愛用者としてなら、お得な激安ショップで買うのもアリでしょう。(激安ショップは売り切れの場合も多いようですが)

 

 

実は私も愛用している化粧品を激安ショップで購入したことがあります。(でもその場合、入荷日と保管状態を事前に聞くようにしています)

 

 

しかし、品質保証や保管内容が気になるなら、ビジネスしている人から体感などを聞いて、会員価格ではありますが正規ルートで購入する方法もおススメです。

 

 

 

ところで…

 

 

激安ショップが多く存在しているということから、これまでどれだけの人達が在庫を抱え、どれだけの人達がビジネスにおいて失敗したのでしょう?

 

 

今、MLMで成功者として有名な方々は、在庫を激安ショップ等に売る羽目になった人たちの上にいるのです。

 

 

MLMのネットワークの築き方は主に2つあり、

 

 

①直接会社に注文する方法を伝え、購入してもらう方法(購入型)、②ディストリビューターによる小売販売(販売型)です。

 

 

②の販売型を認めている会社では、20歳以上、学生でなければ参加することができるので、商売をしたことがない人でも小売販売することが出来ます。

 

 

しかし、経験や知識やノウハウがない人が小売販売するということはリスクが大きすぎます。

 

 

その結果、小売販売が認められているプランの場合安易に大量の在庫を抱えてしまうというワケです。

 

 

タイトルアップのための買い込み、割引購入によるまとめ買い、小売販売するはずだったが、買い手がいない…

 

 

そんな理由で在庫を激安ショップに売ってしまう人が増えてしまうのでしょう…。

 

 

こんな事では、MLMのイメージがよくなるはずがありません!

 

 

そこで小売を禁止している会社も出てきました。

 

 

MLM被疑者を産む仕組みを最初から採用しないということです。

 

 

本来MLMは、伝える側と伝えられる側の両方が生活を豊かにする目的であったはずなのです。

 

 

残念ながら、②の販売型では両方の生活が豊かになるMLMは数少ないでしょう。

 

 

しかも、以前のMLMは口コミ勧誘ばかりでした。

 

 

口コミ勧誘は、興味のない人にはただの迷惑な話なので断られることも多く、心が折れる日々だったと先輩方に聞いています。

 

 

今、私が取り組んでいる方法は、インターネットを利用して最初からネットワークビジネスに興味がある人だけを集客しています。

 

 

口コミ勧誘やリストアップしないで集客出来て、しかも寝ている間にもダウンがザクザク出来たら楽しくないですか?もちろん在庫もありません。

 

 

イベントやセミナーに誘わなくても、友人知人を口コミ勧誘しなくても、わざわざ一緒に食事しなくてもダウンがザクザク出来たら、自分自身のビジネス活動の幅が広がりませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください