に投稿 コメントを残す

GCOOP JAPAN ビジネスの初期費用は?

食費がビジネスになります

最近、韓国発祥のGCOOPのビジネスが日本で加速していると聞きました。

 

 

他のネットワークビジネスを辞めて、色々なネットワークビジネスの情報を取集している人の中にはGCOOPにもとても興味があるようですね。

 

 

それは、小資金でできるビジネスだからでしょうか。

 

年会費なしで、入会時に5,000円分ぐらいの製品を買えばいいそうで、毎月製品を自動的に買うオートシップ制度もないようです。

 

 

購入者に負担をかけないようにとの事らしいですが。

 

 

大体の沿革は、GENERAL BIO  が製造会社で2007年に設立、GCOOPが販売のベンチャー企業として2015年に設立、GCOOP JAPANは2019年12月に設立したと聞いています。

 

 

かなり新しい会社で、急成長とはすごいですね。

 

 

取り扱い製品は、スキンケア・ヘアケア、日用生活品、健康補助食品、ダイエット食品、天然ヘナなどです。

 

 

韓国では、高校生の「社会的経済ワークブック」の教科書の、社会的企業の成功要因を探るという内容のページで、この両会社のことが記載されているそうです。

 

 

「※社会的企業GENERAL BIO、公正ネットワーク流通会社GCOOPと同伴成長

 

 

GENERAL BIOはビジネスを通し、社会環境的な問題を解決し、社会に肯定的な影響を及ぼす企業を拡大するために作られたB-corp認定(米国の非営利団体B-Labの認証)を通して、企業の社会環境的な責任を遵守し、有害化学製品による社会問題改善、地域経済の立ち遅れ化により発生する社会的弱者に安定的な仕事を提供することにより、経済的自立支援と社会的企業の製品の品質向上のため、研究開発支援など社会的な善を共に追求しています。

 

 

GENERAL BIOは既に消費者に信頼を得ている天然洗剤、幼児用製品「スノーベイビー」などを始め、体内吸収率が優れているニンジンサポニン健康食品“CKバランスH”などを生産して、公正ネットワーク流通会社GCOOPは全世界的に急速に変化する企業環境に対応する流通先端化を通し、お客さまの幸せな人生を送るために出資された流通専門会社で、原料から完成品まで消費者により良い品質の製品を合理的な価格で提供しています。」

 

 

とにかく社会に貢献したい会社なんだそうで、GENERAL BIOは7割ほど障害者を採用されておられるそうです。

 

 

GCOOPのネットワークビジネスをされている方は、最初の約5000円の勧誘の宣伝を頑張っておられるようです。

 

 

5000円なら、1~2万円なんかより誘えそうな感じはしないでもないですね。

 

 

紹介された人が、またさらに紹介して広げてくれるならビジネス成功も夢ではないですね。

 

 

私は、オンライン集客で、人が資産となる権利収入を目指します。

 

 

一度儲け話に誘う・売る、の売り切りを繰り返すネットビジネスとは一味も二味も違います。

食費がビジネスになる方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください